仕事が楽しくなる方法はあるのか?

仕事
Blurred phot of senior caucasian man meditating on a wooden floor of living room and lying in Shavasana pose after practice. Table with laptop, banana and cup on the foreground
お手数ですが承認欲求を満たしたいので、ブログのフォローやシェアをお願いします。記事投稿の励みになります。

働く男女1,000人にとったアンケートで約9割の人が仕事を辞めたいと思ったことがあるようです。

それだけ現代の仕事は難易度が上がって複雑化していると言えそうです。

ただ仕事を辞めたいとかつまらないと思いながら仕事を続けるのは地獄なので、どうにかして仕事を楽しめるようになった方がいいと思います。

それでこの記事では仕事を楽しめるようになる方法を書いていきたいと思います。

作業の効率を上げる

作業の効率が上がると仕事が楽しいと感じるようです。仕事が楽しいと思いながら行う仕事は品質も自然と高くなり、周囲の評価も高くなるようです。

また作業の効率が上がると成長しているという実感を感じるのでやりがいも感じるようになります。

では作業効率を上げる方法とは何でしょうか?

作業効率の高い人の特徴

マウスを使わない

作業効率の高い人はマウスを使わないことが多いようです。

マウスとキーボードを行ったり来たりする時間を短縮できるし、タッチパッドを使えばキーボードと一体化したような操作が可能です。

キーボードショートカットを覚える

キーボードショートカットを覚えると、作業の効率が大幅に上がります。最初はよく使う操作のキーボードショートカットを覚えながら、ジワジワと増やすのがいいと思います。

キーボードショートカットを覚えると作業効率は大幅に上がります。

タッチパッドを2本指、3本指で操作する

タッチパッドを2本指でなぞると上下のスクロール、2本指でタップすると右クリック相当、3本指でなぞるとアプリの切り替えという風にタッチパッドを有効利用します。

タッチパッドを有効利用すると操作の効率がかなり上がります。

作業効率が高いとミスが減る

作業を効率化すると作業負荷が減ります。そうすると作業そのものにかける負担が減るので、ミスをチェックする余力ができます。

そうするとミスをしっかりチェックできるので、ミスを食い止める確率が上がります。

作業が効率化できないと負担が大きいのでミスのチェックが甘くなり、ミスが増える結果となります。

作業効率が高いと作業時間が減る

作業効率が高いと作業時間が減って、結果として空き時間が増えます。焦って早く仕事をしたわけではなくても作業時間は激減します。

納期が1か月のものが2日で終わったりします。

空き時間が増えたら改善を考えます。無駄な業務がないか精査して、改善を提案すればもっと仕事が楽になります。

タスクを分解する

一気に仕事を終わらせようと焦って進めずに、例えば作業とセルフチェックの間に休憩をはさむというようにすると良いです。

作業を完了して脳が疲れたままセルフチェックをすると、ミスが見つけられない可能性があります。

なので一旦休憩して頭をリフレッシュさせてからセルフチェックを行うのが良いと思います。とにかく焦って一気に仕事を終わらせようとしないのがいいです。

量が多い作業は休憩を多めにとる

量が多い作業はタスクをいくつかに分解して間に小休憩をとるようにしています。

そうやって脳が疲れにくい状態を作り出します。脳が疲れたまま作業を無理に進めると品質が低くなってしまうので、脳が疲れにくい状態を維持するようにしています。

明日に回せる仕事は明日に回しても良い

完璧主義をやめることが大事で、緊急度が高くない仕事は明日に回しても良いと考えます。

完璧主義が強いと今日中に終わらせなければと焦るのですが、完璧主義をやめると明日に回すことができます。

まとめ

作業効率をアップすると仕事は楽しくなります。自分でも成長したなという実感があると仕事にやりがいを感じるようになります。

スキルアップしたり効率化すると楽しいと感じるようになります。

ドラクエでも新しい特技や呪文を覚えるとキャラの成長を実感して楽しくなってきます。人間の脳にはそのように成長を喜ぶというDNAがインプットされていると思います。

【PR】スキルアップに関しては、世界最大級のオンライン学習プラットフォーム Udemy が良いかと思います。私はこちらのプログラムでいくつもの講座を受講しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました