大企業に勤めるメリットとデメリット

大企業
Global business of Container Cargo freight train for Business logistics concept, Air cargo trucking, Rail transportation and maritime shipping, Online goods orders worldwide
お手数ですが承認欲求を満たしたいので、ブログのフォローやシェアをお願いします。記事投稿の励みになります。

中小企業、大企業どちらでも働いた経験から、大企業で働くメリットとデメリットを紹介します。自分に合った企業に勤めれば楽しいかもしれません。

大企業に勤めるメリットを紹介します。

大企業に勤めるメリット

中小企業よりは給与が良い

中小企業より給与が良いのはメリットです。大企業は企業活動で大きな利益をあげている会社が多いので、給与を支払う余力があります。

そのため同じ人でも中小企業に勤めていた時より給与が上がるのが普通です。

有名な会社の方が営業がしやすいというメリットもあります。聞いたこともない会社では営業の難易度が上がります。

福利厚生が良い

大企業は福利厚生が良いというメリットがあります。自社株を割引で買える場合があったり、色々な行動や活動によってポイントが貯まる制度がある場合もあります。

社宅や独身寮、住宅手当などがある場合も多いです。

大企業は業績が安定しているので、福利厚生が良いのが特徴です。

教育プログラムが充実している

大企業の場合、社内で教育プログラムが充実しているのが特徴です。

主にはPC操作のスキルを高めるものや、英語などの資格を取れたりします。

中小企業の場合、これらの教育を行う余力がない場合が多く、各自で学んでくださいという場合が多いです。

また予算があるので最先端のプログラムやアプリ等が充実している場合もあります。

大企業に勤めると転職する際に有利になる

大企業に勤めると転職の際に有利になるようです。

確かに名の知れた会社に勤めていた場合に、次の会社に行くときに「おっ」と目に留まると思います。

ただその分期待度も大きくなるかもしれないので諸刃の剣かもしれませんが、大企業でちゃんと勤め上げたならば転職は有利だと思います。

コンプライアンスがしっかりしている

コンプライアンスがしっかりしているというのが特徴です。とくにパワハラや社内で起きたトラブルなどに対しては厳格です。

大企業が一つのコンプライアンス違反で崩れる時代なのでその辺は非常に徹底しています。

また色々なメンタルケア等がきめ細かいと感じます。

ネームバリューや社会的信用

大手企業に勤めているとネームバリューや社会的信用が高まると思います。

家を借りたり、クレジットカードを作ったり、住宅ローンの審査時などにあっさり審査に通る可能性が高くなります。

また社会的信用があるので、結婚する時に印象が少し加点されるなどのメリットもあるようです。

有給がしっかりとれる

大手企業は有給をちゃんととることを奨励している会社が多いです。

大企業のデメリット

採用の難易度が高い

業績も安定していてメリットも大きいので、採用の難易度が高いのが一般的です。

私の場合も面接を何回も受けたり、入社試験などもあったり非常に多くの資料を揃えたので、入社する際はかなり大変だったのを覚えています。

自由度が少ない

何を行うにも事前の承認や許可、あるいはルールに従う必要があるので自由にやることができないと感じる場合も多いです。

その辺に窮屈さを感じる人も多いようです。

ライバルが多い

大企業なので優秀な人材が多くライバルが多いと感じると思います。

またそのライバルは見えないところで努力していることが多いので、何もしていないと余計に置いて行かれたと思うことが多くなります。

人員が多いので自分は替えが効く存在だと思うこともあります。

経営者に会ったことがない

中小企業と違って経営者と会ったことは一度もありません。

中小企業の場合は経営者と毎日顔を合わせて仕事をしますが、大企業の場合は一度もあったことがありません。(入社式の時ぐらいは会うかも?)

なので経営者が雲の上の人のような存在に思うことがあります。大名に会ったことがない一兵卒みたいな感じです。

まとめ

メリットとデメリットがありますが、私の場合は大企業の方が向いていたし、仕事の内容も面白いと思うことが多いです。

ただ最初に大企業に入った時は文化とかに慣れるのに苦労しましたし、色々な手続等が細かくてかなり戸惑いました。

そう考えると入社してしばらくは大変だとか自分には合わないと感じる機会が多いかもしれません。

特にそれまで中小企業で働いた経験がある人は、中小企業でのやり方に慣れているので戸惑うことが多いと思います。

順応力がある人は慣れれば面白く感じるはずだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました